眺望|[公式]レジデンシャル青葉広瀬川|青葉通徒歩9分、仙台市地下鉄東西線「大町西公園」駅徒歩9分、敷地面積9,400㎡超・全203邸の大規模レジデンス

眺望 オープンエアテラス完成予想CG
眺望

青葉城址のほとり、
広瀬川に寄り添う、こころ澄む都心へ。

※ 掲載の眺望写真はリバーサイドヴィラ102Pタイプ4階相当より南東方向を撮影(2021年10月)したものです。眺望は将来にわたって保証されるものではありません。眺望は各階、各住戸によって異なります。

※ 掲載の眺望写真はリバーサイドヴィラ102Pタイプ4階相当より南東方向を撮影(2021年10月)したものです。眺望は将来にわたって保証されるものではありません。眺望は各階、各住戸によって異なります。

経ヶ峯を望むアーバンリラクゼーション。
それは、都心のまちなかにある住まいでは
味わえない贅沢。
日常の延長線上にリゾートフルな日々がある。

仙台都心にありながら前面約130mの
圧倒的な開放感を享受する日々。

眺望概念図
※ 約130mは「国土地理院」電子国土Webにて本物件のオープンエアテラスから経ヶ峯(穴蔵神社)まで計測した数値となります。web上での数値のため、実際と多少異なります。※掲載の眺望概念図は周辺の立地を概念化しイラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・方向・眺望等は実際と異なります。また周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。

現地前より撮影(2021年11月)

※掲載の眺望写真はクレセントヴィラ7階相当より南西方向を撮影(2021年10月)したものです。眺望は将来にわたって保証されるものではありません。眺望は各階、各住戸によって異なります。 ※掲載の伊達政宗騎馬像写真は現地より南西方向を撮影(2021年11月)したものです。また、周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。

伊達62万石の居城・青葉城が築かれた青葉山。
蒼々とした山の稜線に目を向けると、
山頂を駆ける政宗公の騎馬像を望めるなど、
山麓へと降りてくる緑風が
清々しい日々を届けてくれる。

※掲載の眺望写真はクレセントヴィラ7階相当より南西方向を撮影(2021年10月)したものです。眺望は将来にわたって保証されるものではありません。眺望は各階、各住戸によって異なります。 ※掲載の伊達政宗騎馬像写真は現地より南西方向を撮影(2021年11月)したものです。また、周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。

杏林大学 古賀名誉教授にお聞きする
水辺に寄り添う暮らし

ヒーリング効果を期待できる
水辺の暮らしは、
想像もしない世界へ連れ出してくれる。

専門はストレスの精神生理学的研究。同分野のエキスパートとして、日本催眠学会理事長、日本薬物脳波学会副理事長などを歴任。著書・監修書に『感染爆発不安 パンデミックブルーから心と体と暮らしを守る50の方法』(亜紀書房)『快眠美人になる! 「かくれ不眠」解消で毎日いきいき』(ホーム社)など。TVに『世界一受けたい授業』『スッキリ』(NNN系列)『名医のTHE太鼓判!』(TBS系列)ほか、 さまざまなメディアや書籍を出されるなど多方面で活躍されている。

専門はストレスの精神生理学的研究。同分野のエキスパートとして、日本催眠学会理事長、日本薬物脳波学会副理事長などを歴任。著書・監修書に『感染爆発不安 パンデミックブルーから心と体と暮らしを守る50の方法』(亜紀書房)『快眠美人になる! 「かくれ不眠」解消で毎日いきいき』(ホーム社)など。TVに『世界一受けたい授業』『スッキリ』(NNN系列)『名医のTHE太鼓判!』(TBS系列)ほか、 さまざまなメディアや書籍を出されるなど多方面で活躍されている。

「3つのR」をもたらす、水辺の暮らし

現代ストレスに上手く対処する方法として「3つのR」というものがあります。【Rest(休養)】【Relaxation(くつろぎ)】【Re-Creation(自分を作り直す)】の3つから構成され、実は水辺の暮らしと深く結びついています。

たとえば、水辺に行くとなぜか動作がゆっくりになり、気持ちが安定して【休養】を促してくれます。さらに、絶えず変化して永遠に続く流れを「見る」と、こころが澄み渡ります。水辺には樹々をわたる鳥や子どもが遊ぶ声も重なる「音」があり、花木の「香り」もする。風が頬を「触れる」感覚まで得られるなど、これらの「五感」が、人を【リラックス】させてくれます。

そして、ストレスは日々積み重なり、潰れてしまうこともあります。目の前に広がる水辺へ降りて散歩したり、バルコニーから眺めて軽い運動をするなど、小さな幸せを感じる瞬間を毎日持つことで【自分を作り直す】ことができます。

つまり、水辺には「3つのR」を満たすための好条件が揃っている。現代ストレスに対して「水辺に暮らすこと」は、とても良い手段だといえるのです。

古賀名誉教授のオフィスにて。「住む人が羨ましい、そう思いますね」と笑顔で、水辺の魅力を語っていただきました。

水辺の住まいは、人をいい状態へ導く

患者さんを診て思うのですが、リモートワークによって不規則な生活になり、不眠や体重増加など、思わぬ弊害が出てきています。ですから、住まいそのものを充実させる必要があるわけです。たとえば、リビングや部屋で仕事をして、終わったらダイニングで食事を摂るだけですと、ストレスを軽減する「ひと区切り」の時間が設けられない。

一方で多彩な共用部があれば、そこで仕事をして、四季を感じられる中庭の緑を眺めて「ひと区切り」ができるほか、広瀬川と住まいを繋ぐ「オープンエアテラス」でいろんな趣味の時間を持てる。さらに川沿いへ降りれば全く違う水辺の世界が広がっている。そんな住まいは、都心で働く人をきっといい状態へと導いてくれます。

「広瀬川沿いの住まいが、都心にあることが驚き」と穏やかな表情。「私ならわがままに趣味を楽しみたい」とご満悦。

水辺の暮らしが、都心で叶う・・・・・素晴らしさ

何よりも、この「水辺の暮らし」が都心で実現できることが素晴らしい。水辺の自然を楽しみながら、反対には「仙台」駅が間近にあり、お買い物や美味しいものを食べて、都心生活までエンジョイできる。

もしも私が住むとしたら「オープンエアテラス」を思いっきり使いこなしたいですね。水辺の写真を撮ったり、仕事をしたり。想像すればするほど、ここに住む人が羨ましくなります。「水辺の暮らしの豊かさ」を120%満たしてくれる、それが「レジデンシャル青葉広瀬川」ではないでしょうか。

※掲載のオープンエアテラス完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたものにリバーサイドヴィラ7階相当より南東方向を撮影(2021年10月)した眺望をCG加工したもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合がございます。なお、外観の細部・設備機器・配管棟は省略又は簡略化しております。※植栽は特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。※敷地周辺の電柱・標識・架線・ガードレール等は再現しておりません。※タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。